【体験談】赤ちゃんの全身に広がった突発性発疹のブログ!前兆もなく突然やってくる!!症状など写真付きで書いてみる。

「そろそろ突発性くるんじゃない?」「みんな一度はかかるからねー」など噂には聞いていましたが例外なく息子にも突然やってきました突発性発疹!!4日間高熱が続き、熱が下がる頃には全身にバァーっと湿疹が広がっていました。うちの息子はかなり重症だったみたいで新米ママの私は心配と不安と恐怖でオロオロした忘れられない体験談を書きたいと思います。

注意
あくまでも息子の体験談です。同じ症状とは限りませんのでご了承下さい!

前兆もなく突然の発熱

2017年1月10日(火) 息子1歳5ヶ月 朝ごはんモリモリ食べ元気に登園しました。

14時頃「お昼寝終わり急に38.5度まで熱が上がり顔も真っ赤で辛そうですので、すぐにお迎えお願いします!」と保育園からお迎えコールがあり、すぐ上司に連絡し保育園に向け自転車大爆走!!この頃は保育園に通いだして、まだ4ヶ月目頃。。。38.5度??こりゃ大変だ!!保育園の先生が大袈裟にいう事をまだ知らない時期(笑)

自転車を漕ぎながら「大丈夫かな。ママに会いたくてぐずってるかも。」「早く息子に会いたい」「可哀そうに待っててすぐ行くから!!」←まだ子供の急な発熱に免疫がない頃の心の声です(笑)

息を切らし迎えに行くと笑いながらお友達と追いかけっこ。思いっ切り走り回っていて・・・えっ?泣きそうなほど心配していた私はちょっと拍子抜け。。。大人の38.5度は辛くて、ぐったりなのに比べ、子供は高熱でも機嫌がいい時もあるという事を学びました。

その後すぐ小児科で受診。「喉も赤くないし体が冷えちゃったかな。まだ突発性発疹やってないね。すぐには判断できないから様子を見てみて、熱が続くようだったらまた連れてきてね。夜中、熱が辛そうで寝れない時は座薬使ってあげて。」(先生)

その時点ではインフルエンザも流行ってるし怖いなー。寒いし風邪かな。。。と思っていました。抗生剤も処方されなかったのでシロップのお薬だけもらって帰宅しました。

高熱40度

20時頃だんだん息が荒くなり頬っぺたも真っ赤で39.6度。夜ご飯は食べれず、唯一ポカリスエットだけはグビグビ飲んでくれましたが、グズグズで少し傍を離れると大泣き、ママじゃないとイヤじゃー!!と訴え常に抱っこしていました。

0時を過ぎる頃には40度まで熱が上がり、泣き止まなくなり私は動揺し始めました。(主人は医療従事者で割と冷静)←これが逆にイラっとする(笑)

座薬の入れ方って意外と難しい

40度が続き、主人とそろそろ座薬入れてあげようかと話し始め、もう少し様子見てみよう。。。もう座薬入れる?の繰り返し。。。泣き止まない息子を見て私はかなり動揺していましたがなかなか座薬に踏み切れないのは、

あまり薬で熱を下げても良くない気がする。

でも高熱過ぎて熱性痙攣を起こしても怖いなぁ・・・でも今は熱を上げてウイルスと戦ってるんだ!!頑張れ息子!!

Nachii

と思いながらも少しでも早く楽にしてあげたい気持ちのループでした。結局、午前1時前には座薬を入れることになり仰向けにさせて主人が足とお尻を抑え私が座薬を入れました。

「もう少しで熱下がって楽になってくるから大丈夫だよ。ゆっくり寝んねしようね。」と抱っこしながらトントンしていましたが1時間経っても一向に下がる気配なし。。。水分だけは取ってくれていたので朝まで寝たり起きたり繰り返し、翌日起きた時も38度くらいあり小児科へ。

昨夜、寝れなかったのもありグッタリで可哀そうな息子(泣)代わってあげたい。。。と何度も思いました。小児科を受診し先生に「座薬をいれても熱が下がらなかった」旨を伝えました。

「座薬入れて下がらなかった??入れ方が悪かったのかもしれないね。すぐ溶けて出ちゃうから奥まで入れて数秒は抑えておかないとダメだよ!!」(先生)お恥ずかしながら私の知識不足のせいで下がらなかったようです。ごめんよ息子・・・。

MEMO
座薬は綺麗に手を洗い、お尻の穴に指が触れるくらいグーッと押込み1分くらいお尻の頬っぺたを抑えておきましょう!!

顔から出始めた発疹

高熱が続き3日目。。。顔に赤い出来物がポツポツ出来ていました。2日以上まともに、ご飯も食べれず果物やポカリスエットだけの食生活だったので肌が荒れてきたんだと思いましたが、念のため小児科に電話し症状を伝えると一応、連れてきてと言われ受診しました。

「これは間違いなく突発性発疹だね!!もう飲んでた薬は中止してね。お薬ないから自然治癒になるのでお母さんも頑張りましょう!!」突発性発疹だと言われ病名が分かり少し安堵しましたが、

薬がない??自然治癒??信じられない。。。

本当に特効薬もワクチンもないそうで高熱等の症状を和らげる事(解熱鎮痛剤や座薬)くらいしか出来る事はないそうです。結局4日間、高熱が続き5日目には背中にも発疹が広がっていました。色々ネットでも調べたりしましたが記載されていた通り、本当に熱が下がった後にバァーっと!!ウチの子は背中を中心に全身に発疹が広がりました!!

まとめ

高熱が4日続き解熱後も体力消耗などで顔色も悪く体重も落ち、完全に回復するまでに約1週間かかりました。

今回の突発性発疹で学んだ事をまとめておきます。

  • 座薬は奥まで押し込んで、しばらくお尻の頬っぺたを抑えておく
  • 突発性発疹の薬はなく、あくまで自然治癒
  • 高熱の時は本人が飲めるもの食べれるものだけでいい
  • とくかく水分が200ml以上取れていて、おしっこが出ているなら様子を見る事になる(小児救急電話でもそう言われた)
  • 熱の上昇時は身体は熱いが手足の末端が冷たく、上がり切ると末端も温かくなり汗が沢山でた
  • 発疹を痒がることはなかった
  • 高熱が続きご飯も食べれないと起きている体力がないのか日中もほとんど寝ていた
  • 発疹の痕は残らなかった
  • 熱が下がって体調が回復すれば発疹があっても登園OKが出た

今回の突発性発疹で1週間仕事も休むことになりましたし、親も心労や睡眠不足で精神的にも辛い一週間でした。赤い発疹は日を追うごとに少しずつ減り痕が残る事もなく綺麗に治りました。一度は突発性発疹にかかる可能性があると分かっていても、いざ自分の子供がなると冷静でいられなくなってしまいます。薬もなく、ただただ嵐が過ぎ去るのを待つのみ。脱水症状だけは起こさないように水分だけは摂取させて乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください