いつもと違う呼吸音?ゼーゼーなるクループの体験談!症状から完治までを書いてみる。

保育園に通いだして11ヶ月が経過し、風邪や感染症・高熱のオンパレード。やはり子供も週末にかけて疲れが溜まるのでしょう。大体、週末に体調崩したり熱が出る事が多いです。今回の高熱も土曜日の朝方発熱。しかし今回はいつもの風邪とは違った症状でした。

喉頭炎=クループ聞いたこともない病名に目が点となったのを覚えています。今回、息子が患ったクループと言う病気について実際の動画など含め症状を書いてみます。

いつもの風邪とは違う呼吸音

2017年6月24日(土) 朝方、息子の息が荒いのに気付き熱を測ってみると38.6℃。また風邪か・・・。と思いアイス枕で頭を冷やし朝まで寝ました。

翌日、起きてみると熱もすっかり下がり機嫌もよかったのですが、夕方になるにつれて熱が上がり始め38℃台に、大体の病院は土曜日、午前中しか診療をしておらず、水分も取れて食欲もあったので様子を見ることにしました。

しかし20時を過ぎたあたりから呼吸の仕方がおかしい?と気になり始めました。息子の場合、いつも風邪や高熱が出ると、鼻水で鼻が詰まって苦しそうで、大人なら痰を吐けばスッキリするが、幼児はまだ痰を吐く事が出来ず喉の辺りでゴロゴロと音がしたり、高熱で息が荒くなったり、しかし今回はいつもとは、まるで違う音でした!!

呼吸音がどんどん酷くなる

2017年6月24日(日) 翌日も1日中ゼイゼイして苦しそうでしたが37℃台になると機嫌もそこそこ良くご飯も食べていました。しかし夜になるとまた熱も上がり始め、昨日よりも明らかに呼吸音がおかしかったのです。

動画で見ても分かりますが、みぞおち辺りが呼吸するたびにペコペコへこんで苦しそうです。

これは絶対におかしい!!もしかしたら気管支炎になっているかも!!と思い、休日に診療している病院に電話し、すぐ診てもらいました。

先生

お胸の音は綺麗だから痰が絡んで音がするんだと思うよ。喉が赤いから、それで熱が出ているのかもね。解熱剤出しておくから、とりあえず様子を見てみましょう。

休日診療という事もあり検査も出来ないという事で帰宅しましたが、私的には腑に落ちず「これは痰が絡んだ音ではない」とモヤモヤしていたのです。

診断結果

2017年6月25日(月) 昨日モヤモヤしていたので朝一でかかりつけの小児科に連れて行きました。

先生

これはクループ。喉の奥が炎症しているんだよ。

ク、クループ??何ですかソレは。気管支炎だとばかり思い込んでいた私は聞いたこともない病名に目が点。詳細を丁寧に説明して頂き、病名が分かり、一安心したのを覚えています。

内心「これは、もしかしたら入院になるかも・・・。」と思っていたからです。お薬はクラリス錠という抗生剤が処方されました。この抗生剤が息子には合っていたのか?日頃、抗生剤を飲まないので効いたのか?みるみる改善されていきました!!ゼーゼーヒューヒューは1日で改善され、私も先生もビックリする程の回復でした。

おわりに

今回、感じたのは子供の事は、やはり小児科専門医が間違いないという事。ドクターの経験・知識・ある程度、対処出来る設備が大事だなと思いました。些細な事でも耳を傾けてくれる、かかりつけの信頼できる病院があるという事はメンタル面でも心強いです。

クループという病気は私が知識がなかっただけかもしれませんが、なかなか我が身に起こらないと知る機会がない病気だと思います。「なんか、いつもとは違う」という自分の感覚は大事だなと思いました。

今回のクループは、軽い風邪の症状から始まりました。いつもの風邪か・・・と慢心せず注視していかないといけないなと学んだ出来事でした。少しでも皆さんの参考になればと思います。クループも快方に向かっている最中、今度は手足口病に感染。手足口病につきましては、こちらの記事をご覧ください。

【体験談】手足口病が重症化。発症から完治までの道のりを書いてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください