【体験談】育休中に会社が倒産。無事に保育園も決まっていた一世一代の大ピンチを乗り切ったお話。

まさかの会社倒産

しかも保育園の入園も決まっていて、楽しい育休ライフを送っていた矢先にです。

こんな事が自分の人生に起きるなんて…夢にも思っていなかった。

かなりのハードモードですが「乗り越えられない試練はやってこないはず」やるだけやってみた結果、

なんとか乗り越えることができましたので、雇用保険の手続きや、保育園の入園資格関係など私の体験談を書いてみたいと思います。

育児休業明け入園予約制度

この制度のおかげで復職する半年以上前から入園出来る事が決まっていました。

しかも第一希望していた、自宅から徒歩2分にある、園庭の広い保育園に入園できる事が決まっていたのです。

復職する半年以上前に保育園が決まっているという事は、とても心強く安心して育休ライフを送れますよね。

そもそも育児休業明け入園予約制度とは??

区内にお住まいで、産後休暇に引き続きお子さんが1 歳になる誕生日の前日(もしくはそれ以降)まで、
育児休業法等の法律に基づく育児休業を取得後、育児休業前と同様の勤務に復職をする保護者の方が、
復帰月からの入園をあらかじめ申込みできる制度です。

品川区のHPから引用

品川区は特に子育て支援や教育に力を入れている区で、この制度の恩恵を受けるために品川区に引越ししてくる世帯も多いと聞きました。

しかし品川区は都心に近く、家賃・マンション価格・世帯年収も他区に比べ高くなっており、収入によっては難しくなる事もあるのが現状のようです。

この制度の恩恵を受け、私は保活に悩まされる事なく順調に社会復帰できると安心しきっていました。



まさかの会社倒産

育休も半年を経過したころ会社から一本の電話。

倒産するから育休手当も打ち切りね。

さすがブラック会社。電話で告げて終わりです。笑

よくあるワンマン経営のブラックな感じの中小企業で経営自体が上手くいってるとは思っていなかったので倒産も有り得るでしょうが、

まさか育休中に倒産するとは思ってもいなかったので電話で聞かされた時は、

「保育園どうしよう」ただ、ただ、それだけでした。

あまりに唐突すぎて、その時は保育園のことしか考えられなかったのですが、状況を飲み込んでから色々な疑問、不安が湧いてきました。

例えば育休手当は支給されなくなるの?社会保険料免除はどうなる??などなど…

失業保険への変更

失業を告げられてから、すぐにハローワークに相談に行きました。

育児休業給付金は雇用保険から支給されているからです。

窓口で経緯を伝え、どういう手続きを踏めば一番ベストなのか相談したところ

「失業保険への変更で育児休業給付金は補填できる」補填というと少し使い方がおかしいかもしれませんが、

育休中は働けないので育児休業給付金という「お金が入ってくる」という状況は、少なからずメンタル面や経済面においても影響は大きい。

打ち切りになれば入ってきたはずのお金も入ってこなくなる。

そこで育児休業給付金が打ち切りになる分を失業保険で補填するということです。

今回は会社都合の退社になるので離職票を提出して、すぐに初月分の失業保険が支給されるという事で助かりました。

注意
自己都合退社の場合は、すぐには支給されず3ヶ月後からの支給になります。

失業保険を受給するということが初めてだったので「失業保険の制度って助かるー」と思う反面、

手続きや求職登録、必ず受講しないといけない講習会なども必ず出席しなければならず、まだ産まれて間もない息子を連れての活動は思ったより数倍大変でした。

雇用保険を貰うのが初めてだったので払ってきた期間も長く、手当を貰える期間にも余裕があり、まだまだ貰える期間なのに、今回は息子の保育園が始めるまでには就職するとが大前提だったので少し惜しい気持ちもぶっちゃげありました。

本当は全額貰ってから就職するのが理想的ですよね。

みなさんは貰える分は貰っておきましょう。笑



社会保険・厚生年金の免除はどうなる?

産休、育休中は会社を通して申請をすれば社会保険も厚生年金も免除になります。

※免除というか「払っている事になる」ので厚生年金の受取額も減額される事はありません。

今回は会社倒産で社会保険ではなくなる為、主人の社会保険の扶養に入れないか?とも思い相談してみましたが、

失業保険の受給額が多かった為、扶養には入れず結局「国民健康保険と国民年金」に切り替える事にしました。

これのせいで本来なら免除になっているはずの税金を翌年「国民健康保険」だった期間分を払う事になったので、これもなんか損した気分になりました。

保育園問題

私が一番頭を悩ませたのが保育園問題。

せっかく円滑に保育園が決定していたのに会社倒産で入園取消になるのを恐れたのです。

私は社会復帰を望んでいましたので「入園取消になると働けない」これはまさしく死活問題。

保育園の入園資格には本当に頭を抱えました。

ネットで同じようなケースがないか漁りましたが、会社倒産して保育園取消になるか?ならないか?というケースはなく路頭に迷った私が思い付いた案…

次の就職先をさっさと探して何もなかったように区役所に申請する?

しかし既に育児休業明け入園予約制度申込の際に会社名を記入しているので会社名が変わっていたらバレるだろう。

逆に何で倒産した時点で報告しなかったのか問われそう。

倒産した会社の社長に「保育園の紙は在籍しているという事にして書いてあげるよ」と言われていた

追い詰められていた私は一瞬迷いましたが、もうこの会社に関わりたくない、借りを作りたくない、保育園から発熱などで電話が来た際に困るだろう。

それに後ろめたい気持ちで保育園に通わせたくない。

そもそも失業保険を受給している時点で行政は繋がっているだろうし失業したのは既にバレているのでは??

こちらは切り離されているようでハローワークで確認した所、それは大丈夫だと言われました。



保育園の手続きはどうなる?

答えが出ないまま悩み、主人とも何回も相談して結局、品川区に相談するしかないという結論に至りました。

色々ネットで検索していく中で「匿名で」相談できるみたいな事が書かれてあったのを見つけました。

「名前を知られたら終わりだ。取返しがつかなくなったら終わりだ」となぜか思っていたので勇気を出して匿名で子ども未来部保育課に電話しました。

匿名で相談したいんですが、

品川区在住で保育園も決まっていて、この度会社が倒産しまして、

この場合どういった対応になりますでしょうか。

取消ですか?再就職すれば引き続き入園資格は継続されますか?

Nachii

まずは在籍する保育園名・お子様のお名前を教えて頂かないと詳しい話は出来ません。

まぁ。当たり前の回答ですよね。笑

そうなるとは思っていました。でも名前を言ってしまったら終わりだと思っていた私は明確な答えが出ないまま担当者の名前だけ聞き匿名のまま電話を切りました。笑

結局、悩んで悩んで悩んで…

電話では熱意までは伝わらないだろうと思い主人と一緒に窓口まで出向き相談しに行くことを決意。

電話で担当者の顔色も見れない事務的な会話だけで終わらせたくなかったのです。

とにかく熱意を伝えたかったのです。←熱意だけではどうにもならないが。笑

担当者に素直に「この間、匿名で相談した者です」と名乗り全て正直に伝え、

「とにかく保育園に通わせたい」「再就職する気持ちは強く社会復帰したい」という熱意も伝えました。

私の熱意が伝わったどうかは分かりませんが担当者の方は親身になって話を聞いて頂き、どういう対応を取るか上司と相談します。と言い、しばらく席を外しました。

ドキドキしながら待っていましたが熱意も伝えきり、どこか「これでダメなら仕方ない」とやり切った気持にもなっていました。

担当者

今回は育休中に会社が倒産という事で品川区としても、このようなケースは初めてです。

特例として今回はお子さんが満1歳になるまでに前職と同じ勤務形態の仕事に再就職する事で継続という形にさせて頂きます。

前職は正社員だったのですが、

正社員でもパートでも派遣社員でも構わないので申請時の会社と同じ勤務形態「週5日フルタイム」の仕事ならOKという事でした。

とにかくこの時は、ほっと一安心し、のちに来るワーキングママ再就職の壁にぶち当たるとは知りもせず胸を撫でおろしました。

おわりに

このような流れで無事に満1歳から保育園に通う事が出来ています。

私が思っていたよりも行政は親身になって解決しようとしてくれた事に正直少し驚きました。

どうせ、お役所仕事の片手間でしょ。という気持ちが、どこかにあったからかもしれません。

今、思えば変な小細工をせず素直に相談しに行ってよかったなぁーと心から思います。

何故なら保育園には発熱時など緊急時は携帯に電話して下さいと伝えているにも関わらず、必ず一回は会社に電話がきます。笑

そして保育園に通い出した当初は病気だらけで、しょっちゅう会社に保育園から電話が来ていました。

きっと小細工なんかしていたら今頃、自分の首を絞める事になっていたと思います。

無事に通うことが出来るようになった保育園で息子も楽しそうで日々成長していく姿を見ると、頑張って就職活動して良かったなーと。

保育園に預けて良かったなと思える事なども記事にしています。

育休明け働きたい気持ちは満々そんな私でも悩んだ保育園に預けるかどうか問題。

私のような育休中に会社が倒産することは、あまりないケースだと思いますが

同じような状況になってしまったママの参考になれれば幸甚です。

【専業主婦の仕事復帰】自信がない?怖い?不安?でも大丈夫。まずはチャレンジする事から始めてみよう。そんなあなたを全力で応援&アドバイスするブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください