【体験談】夏場赤ちゃんの突然の高熱。原因はまさかの熱中症だったので症状など書いてみる

世間は猛烈な暑さと熱中症の話題で持ちきりですね。

うちの息子も例に漏れず熱中症になりました。

連日ニュースで何人搬送された等報道されていますが、どこか他人事のように感じている自分がいて、まさか自分の息子が熱中症になるとは夢にも思わず。

夏風邪だとばかり思っていたので受診して熱中症と言われた時には夏なのに背筋が凍りました。

さっきまで元気だったのに突然の発熱はもしかしたら熱中症かもしれません。

息子の熱中症の症状や対処法など体験談をレビューしてみたいと思います。

突然の高熱

暑くならないうちにと午前中に日焼け止めを塗り、麦わら帽子を被り2時間くらい等々力渓谷にパパと2人でお出掛けし「ママーただいまー」と元気よく帰って来ました。

渓谷なので緑があり川が流れ、森林浴が出来る「涼」といった、熱中症とは縁がない勝手なイメージ。笑

汗を掻いていたので、そのままシャワーを浴びて、お昼ご飯を食べ、眠そうにしていたのでお昼寝かな?と思いベットに寝かせようと抱き上げた時、身体がかなり熱かったのです。

熱を測ってみると、38.6℃もあり今朝まで元気だったのにな?と少し不思議に思いましたが、氷枕をして頭から首にかけて冷やしながら、お昼寝をさせ様子を見る事に。

1週間前から鼻水が出たり咳がコンコン出たりしていましたし、ちょうど保育園でもプールが始まった時期で疲れや水遊びで冷えたりして体調が下降気味だなぁーとは感じていました。

しかし食欲もあり、ご飯もモリモリ食べ、水分も積極的に摂取しますし、まさか熱中症なんて夢にも思っていない私は夏風邪だろうと軽く思って油断してしまった部分も。



どんどん上がる熱

お昼寝中も息が荒く、熱が高いのが分かりました。夜にかけて熱はどんどん上がっていき39.4℃。

息子は夜ご飯の時は首を横に振り食べませんでしたが、機嫌は悪くなく日頃ポカリスエットなど飲ませていないので美味しいのか?水分はよく摂取してくれており、おもちゃで遊んだりしていたので様子を見る事にしました。

今まではグッタリしているだけでしたが成長に伴い「○○くんお熱ある」「頭が痛い」など言葉で伝える事が出来るようになってきて、とにかく頭が痛いと頻繁に言っており頭痛が酷いんだなと思いました。

夜中も熱は一向に下がらず常にアイス枕をして頭を冷やし脇や太ももの付け根なども保冷剤を挟んだりして身体を冷やし、病院の先生に発熱時は太い血管を冷やすのがいいと教わっていましたので出来るだけの事はしました。

【体験談】子供の高熱が出た時の対処法は昔ながらの氷枕と氷嚢がやっぱり便利。今時の氷枕はオシャレでおすすめなのでレビューしてみる。

寝ていると朝方3時頃、息子が起き上がって怯え泣きしていました。

泣き方がいつもと違うので私は飛び起き息子を見てみると身体がガタガタ震えていて、息子も自分の意志とは別に身体が震えているのに怖がって泣いていました。

ただならぬ事態に主人も目を覚まし主人が抱っこして落ち着かせている間に熱を測ってみると40℃まで熱が上がっていて、あまりの高熱に身体が耐えられてないと判断し、水分を多目に取らせ座薬を入れました。

しばらくすると息子は眠りにつきましたが私は心配だったのとガタガタ震える息子を見たら寝れなくなってしまったので1時間くらいは様子を見ていましたが、座薬のお陰で熱は36.8℃まで下がりそのまま朝を迎えました。

朝起きて眠気眼で息子を見てみると寝てる間に鼻血が出たみたいで顔面血だらけ、枕まで血が垂れていて、もうビックリして一気に目が覚めました。

翌日受診

翌朝には熱は下がっていましたが、さすがに保育園に連れて行くのは酷だと思い仕事をお休みさせて頂き小児科を受診しました。

朝から朝ごはんもモリモリ食べて、かなり元気。昨日のアレは何だったんだ??というくらい元気でしたが念のため病院に連れて行きました。

病院でも誰よりも元気で「すいません(苦笑)こんなに元気なんですが昨日こうこうでこうでした」と説明し診断してもらい鼻血の写真も見せました。

先生

喉も赤くないし胸の音も異常なし。

これは熱中症だね。

鼻血が出たのも、のぼせて出た可能性が高いね

えーーーー!!

熱中症?!

Nachii

まさかの診断結果に声が出ました。

まさか自分の息子が熱中症にかかるなんて夢にも思っていなかったので、それはもう驚きました。

先生曰くピークは越えたみたいで薬はなしでそのまま帰宅し、その日の夜は熱も出る事なく元気でしたので火曜日からは保育園に登園しました。

おわりに

大人より子供は熱中症になりやすいと連日の報道で知ってはいましたが、まさか自分の身に起きるとは思ってもいませんでした。

友達の看護師に「まさかの熱中症だったんだけど。まさかまさかだよー」と報告すると、重い熱中症の子は搬送されると氷水の中に入れて一気に冷やし体温を下げたりするそうです。

一番手っ取り早い方法なんだとか。なのでとにかく体温を下げる事が先決なのではないかと思いました。

きっと搬送されたりしている方も、「まさか自分が」と思っている方も多いのではないかと思います。

私自身も熱中症にかかった事がないので心のどこかでは、自分は大丈夫と思ってしまっている部分も無きにしも非ず、しかし明日は我が身。

熱中症対策を徹底し残暑を乗り切りましょう。

ちなみに

熱が出ると活躍するのがコチラ!!

赤ちゃんの頃に使っていたストローマグです。

コップだと一回一回起き上がって飲ませないといけないのは大変ですし身体がしんどい息子にとってもストレスです。

このストローマグだと暗闇でも息子が横になっていても口元に持っていけば吸って飲んでくれます。

更に容器を横にしても中身がこぼれる事もなく本当に便利です。息子の熱中症体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください