赤ちゃんの成長を感じるフォトアルバムや立体的な手形足形の記念品を作ってみた体験談を書いてみる

自分の小さい頃の記憶は断片的で思い出せない事や覚えていない事が多いですよね。特に小さい頃、親に愛されていた証は肌では感じ其の後の人格形成にも表れているかもしれませんが鮮明に記憶に残っている事は少ないと思います。

私は特別何か残してもらった事はないですが大きなアルバムがいくつかあり親がこういう風に抱っこしてくれたり、お風呂にいれてくれたり一緒に寝ていたり小さい頃に亡くなった祖父が私を溺愛していた事などそのアルバムのおかげで視覚的に知ることができました。35歳になった今でも古く色褪せてはいますが、ちゃんと形としてアルバムは残っています。今は写真もデータで管理する時代ですがアナログでも残しておきたいという想いと印刷した写真を見るのは一味違った良さがあります。

なので私も自分の親が残してくれたように息子にフォトアルバムを残してあげたいと昔から思っていたので今回色々検索し迷い購入しましたが出来上がってきたフォトアルバムは想像以上でした。そして個人的にはもう二度とやりたくないほど大変だった手形足形DIYキット。仕上がりを見て「本当に頑張って作って良かった」と心から思えた立体的な手形と足形を残せる記念品。レビューを書いてみたいと思います。

名入れフォトアルバム

この手のフォトアルバムって世の中に腐るほど種類がありますよね。ロフトやニトリなど店舗でも沢山種類があるし、もちろん通販でも沢山ありすぎて迷ってしまいました。しかし最初のアルバムは特別な物にしたく、こだわりたかったので決めるまで相当時間を費やしました。そして辿り着いたのが名入れフォトアルバム!!決め手は刺繍!!ほぼ私の自己満です(笑)


届いて開けた瞬間とても思い通りのフォトアルバムに大興奮!!思ってたよりも重厚感がありゴールドの王冠とシャンデリアが上品でお値段以上ではないかと思います!!モザイクを入れている部分はローマ字で息子の名前と生年月日が刺繍されておりアルバムの色や字の色、書体まで自由に選べ大体のテンプレートはありますがデザイン次第では人それぞれ違ったアルバムに仕上がると思います。

3D手形足形キット

息子が1歳になる誕生日に何か特別なプレゼントがしたくて購入した立体的な手形足形のDIYキット。実際のお品がコチラです。息子の1歳時の実寸大の手形と足形。そして爪の形や指紋までしっかりと残せます!!なかなかここまでリアルに残せる物は他にないのではないでしょうか。あれから2年経ちましたが今は玄関の棚に飾ってあります。

作業は「そらーもう大変!!」主人とイライラして喧嘩しながら完成するまでに1週間以上費やしましたよ。こういうの得意な方はどうって事ないかもしれませんが完璧主義者には、あまりお勧めしません(笑)終わりが見えない細かい作業が多くて相当イライラします(笑)

型を取るのが恐ろしく大変

届いた商品を開けた瞬間にやる気を失う備品の多さ(笑)説明書を読むのがあまり好きではないですがさらっと目を通し大まかな流れを確認。要はこの緑の粘土に手と足を押し付けて型を作り、その型に石膏を流し込んで固めてゴールドで塗装して出来上がりよ♪と書いてありました。

早速、型を取るべく粘土を練る主人。型なんてすぐ取れるだろうと思っていました。しかし相手がこの世の全てに興味津々の1歳児だという事を甘くみていました。粘土で遊びたがり投げ散らす、手を掴み押さえて息子の手を押し付けてみるが粘土の中で指を動かす(笑)こりゃ意識があるうちは無理だと判断しお昼寝中に型を取る事に。

その間にも粘土は水分がなくなり固くなっていくので、また少し水を入れて柔らかくし、お昼寝中の息子の手に押し付けてみました。「おっ!!上手くいった!!」と思ったのですが型が浅さかったり、力加減が難しく斜めになったり、小指だけ上手く型が取れなかったり、お昼寝しているとはいえ冷たい粘土を押し当てられると息子も手をブンブン振り回し抵抗してきたり(笑)まったく上手く行く気がしない上に、この作業が両足も残っていると思うと気が遠のく・・・出来上がる気がしない・・・手分けして両手両足の型を取りますが結局お昼寝2時間の間に型は取れず。

主人は「こんなもんでいいんじゃない?」と疲れたのか妥協しようとしますが完璧主義者な私は少しの歪みも許せない。「厚みがないと立体的とは言えないから」と喧嘩になったりしてお昼寝タイムの1日約2時間しか時間が取れない上に動くので、この型を取る作業だけで3日間はかかりましたよ。イライラするし肩は凝るし散々でしたよ。トホホ。

石膏を流し込む

何とか納得がいく型が取れたので石膏を流し込み半日くらい放置し固まるのを待ちました。待っている間この石膏たちを見て、ただならぬ不安に襲われたのです。「この緑の粘土はちゃんと綺麗に剥がれるのか?」「失敗したら、もう一回型を取らなくてはいけないのか?もう嫌だ」型を取る恐怖心に苛まれながら、ただただ固まるのを待ちました(笑)

せ、せ、成功しました!!緑の粘土は綺麗に取れ現れたのは息子の手(笑)物凄いクオリティに興奮しました!!指のシワまで、なんなら爪の甘皮まで忠実に再現されています(笑)





仕上げ作業

ここからは本当に細かい作業なので私だけでやりました。凸凹している部分やいらない部分をヤスリで削っていきます。

全て削り終わり何となく終わりが見え始めた頃、これからゴールドの塗装をしていきます。

ゴールドを塗るのはそこまで大変ではなかったような?何度塗りしても重厚感が出ていくような感じだったので、とくかくベタベタ何回も塗り、気泡などもゴールドで埋めて誤魔化しました(笑)

なんか銅像感でてますよね(笑)ゴールドが完全に乾くまで1日くらい放置し乾いたら台紙に張り付けて写真を入れて出来上がりです!!もう今できる全ての力を出し切り完成させました。お金を出して大変な思いをするのは何か割に合わないよーな(笑)

私は楽天で買ったのですが今はAmazonでしか販売されていないようです。一応リンクは張っておきますね♪

MomsPresent 赤ちゃん 3D立体 手形足形 DIYキット WHITE FRAME(WH-6-雪の華) [並行輸入品]

作り終わって気付いたのですが、この商品は1歳くらいがギリギリだと思います。ガラスの中に納まりきらない気がするのです。息子の足形もどうにかずらしていれましたが大きい子はもしかしたら1歳でも入らないかもしれないです。

おわりに

親としては1歳の息子の手と足が実寸大で残っているのがとてもいい記念品になっています。「こんなに小さいお手手だったんだよー!!」と息子にたまに声を掛けてみたりして成長を感じています。

作成時は「お金出してこんなに手間かかって大変すぎるわ!!」とブツブツ言いながら?イライラしながら作りましたが(笑)だんだん形になりゴールドを塗る頃には少し達成感というか何とも言えない感情が溢れていました。あれから2年が経ちましたが今の所は綺麗なまま残っています。息子が成人する頃にはどうなっているかな?ゴールドが剥がれてきたりしちゃうかな?でも経年劣化は多少仕方ないですね。

フォトアルバムも手形もほぼ私の自己満ですが、これからも息子の成長を沢山未来に残していってあげたいなと思っています。めちゃくちゃ大変ですが、どこにも売っていない世界でただ一つの記念品。最高の思い出になること間違いなしです♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください