【リトルキディーズ】レインカバーは夏はどうなの?取り付けは面倒?私的に使い心地がいいので全力で感想をレビューしてみる。

リトルキディーズの後ろ乗せ用のレインカバーを買ってみましたNachiiです。

どのレインカバーにするか少しだけ悩みましたが、友達が使っていて「リトルキディーズ最高だよ」と言っていたし、ネットで調べたら巷でトレンドらしいので?

トレンドという言葉に弱いミーハーNachiiは、リトルキディーズのブラックを購入してきました。

ジャーン。笑

ジャーンと言う程でもありませんが、使用してみたメリットデメリットをレビューしてみたいと思います。

購入店で取り付けてもらえる

ちなみに私が乗っている機種はPanasonicのギュットミニです。

自転車を購入した販売店でレインカバーもそ購入し、その場で取り付けてもらいました。

想像していたより案外簡単に取り付けられるんですね。

もし外れたら自分で取り付けないといけないと思い、お兄さんが取り付けるのをじーっと観察。

結果4ヶ所でしか固定されていない、かなりシンプル仕様。

背面はヘッドレストにベルトで固定だけなので、えっ?大丈夫?外れやしない?と思いましたが、今のところ一度も外れていません。

旧モデルは、このベルトを留めるボタンがスナップボタンだったようで、外れる事が多かったみたいで改良されて穴に通すボタンになったようです。

息子3歳、後乗せチャイルドシート初体験の写真です。嬉しそうに乗っていました。

前から撮影。すっぽりとハマっていい感じです。

足の部分もちゃんとカバーされて安心感がありますよね。

私は無難にブラックにしましたが、カラー展開もパステルカラーが多くて可愛いですよ♡

保育園のママたちもリトルキディーズが多くて、遠目からでも「レインカバーの色」で大体あのママだ。と認識出来ちゃいます。笑笑

リトルキディーズ チャイルドシートレインカバー 後用 Ver3

レビューを見るとネットで買って、ご自身で取り付けている方も多いようですが、

取り付け自体は難しいように見えて意外と簡単ですのでネットで購入して自分で取り付けるのもアリだと思います。

雨の日だけじゃない防寒にもなる

買ってから2週間くらい経過しても・・・

雨が降らない。笑

降ったと思ったら朝には上がってるという日が続き、一向にレインカバー本来の有難みを実感出来ずにいましたが思わぬ発見がありました。

風が強い日や寒い日に大活躍という事。

しっかり閉めると、ちょっとしたビニールハウスの様です。笑

しかし音が聞こえずらいから嫌なのと閉鎖的なのが気に食わないようで?息子は前を閉めるのを嫌がりました。

最近まで雨の日以外は閉めてくれなかったのです。←雨の日には閉めないといけないという事は理解しているらしい。笑

いつもこんな感じで前だけ開けてます。笑

しかし寒さも本格化してきたある日、

強風でめちゃくちゃ寒い日があり、息子も寒くて限界だったのか「ママ閉めてぇー」と自ら言ってきました。

やっと前を閉めると防寒になるという事を理解してみたいで成功体験から学びましたよ。笑笑

息子はビニールハウスの中でヌクヌク、私は寒すぎてガクブルですが

息子が寒くないなら「それでいいんだ」私は寒さに耐えればいいんだ。笑

しかし夏はちょっと心配かな。みなさん夏でも前を開けて付けっ放しの方が多いですが、息子は暑さに弱く熱中症が心配なので夏は外すかもしれません。

夏は付けっ放し

※2019年8月28日 追記

リトルキディーズを買ってから初めての夏が到来しました。

暑さに弱い息子なのでリトルキディーズを付けっ放しにするか様子を見ていましたが、全開に開けて乗っている分には意外と平気で今年の夏は付けっ放しで乗り切りました。

雨が降って締め切った場合ですがウチは保育園から自宅まで2、3分の距離で、完全に締め切って乗っている時間が短いので大丈夫ですが、長時間乗るのは熱中症のリスクも考えなければならないかなと思うところはあります。

とはいえ雨が降っているという事は曇り空で炎天下ではないので

他のレインカバーにも言える事だと思いますが、長時間乗る場合は少し工夫が必要かもしれません。

ただ締め切っていなければ余裕で付けっ放しOK。

今年の梅雨は本当に雨続きでしたよね…嫌になるくらい。

雨で保育園の荷物が濡れてしまいますが、リトルキディーズは空間が広いので私はこんな使い方で乗り切りました。笑笑

荷物も一緒に詰め込む。笑

そうすると荷物も濡れない息子も濡れない。一石二鳥ってやつです。笑

郵便局に再配達を取りに行って前カゴに入らない場合も

こんな大きい段ボールでも入ります。さすがリトルキディーズ空間が広い。笑笑

ドアみたいに開閉できる

3歳3ヶ月まで前乗せで頑張りましたが、14㎏の息子を毎回抱えて乗せるのは結構大変で腰が崩壊しそうでした。

そして写真でも分かりますが、前乗せの椅子も結構キツキツに。

しかし後乗せのチャイルドシートにして、このレインカバーにして私の苦労は軽減されました。

レインカバーの横が…まるでドアのように開閉できるんです。

しっかりとした作りなので開いた部分がクターっとならないのが最高。

自分で乗ってくれるようになり、私の腰崩壊リスクも回避する事が出来きました

まさか自分で乗ってくれる日が来るとは成長したなお主。

もっと早く後乗せチャイルドシート買えばよかったと後悔したのは秘密。



他社製品と比較

リトルキディーズは他社製品より少しお値段高めですよね。

もっと楽に取り外しが出来るレインカバーもあります。

例えばこちらの商品はリトルキディーズの半額くらいのお値段です。

私が思うに布っぽい部分?上の写真で言うところの黒い部分。もちろん撥水加工はされていると思いますが雨が降れば湿ってしまう気がするんです。

どうなんでしょうか?こればかりは使ってみていないので分からないですが、大雨が降ったら湿って、くっついたりして息子が嫌がる気がしたんです。

それと防水スプレーとか頻繁にやらなきゃいけないのかな?とか勝手な想像をしていました。

それに比べリトルキディーズはビニールハウスみたいなので、その点は大満足。足の部分まで全てビニールなのも高評価です。

雨の日に撮ってみました。水を弾いていますね。

そして足を置く場所よりビニールが長い為、靴が濡れる事もなく最高です。

保育園のお迎えの時もササっとドアを開け、ササっと乗れ、ササっと帰れますよ。

シワが気になる

強いて言えば買ってしばらくは、とんでもなくビニールのシワが気になる(笑)

これです。このシワクチャがめっちゃ気になる。笑

しかし保育園ママのレインカバーはピーンと張っている人もいて、最初は不良品なんじゃないか?とイラっとしました。笑

思い切って保育園のママに聞いてみると、夏になると熱でビニールが伸びてピーンとなったらしいです。笑

ビニールの特性ですね。笑笑

2ヶ月経って大分シワは取れてきましたがピーンとはまだまだしてません。夏まで待ち遠しい。

なんせシワが気になる。気になって仕方ない←神経質の悪い癖。笑笑

※2019年6月11日追記 何回も雨に濡れ気温も高くなってきたせいか?現在は、ほとんどシワは気にならなくなりました。

※2019年8月28日 追記

夏になり高温のお陰で写真の通りピーンとなり、シワはほとんど気にならなくなりましたよ。



チャイルドシート用クッション

私が知らなかっただけかもしれませんが、「チャイルドシート用のクッション」があるんですよー。

チャイルドシートに、そのまま座らせるのは段差などで自転車が跳ねた時など、お尻が痛そうだなと思っていたので即買いしてしまいました。

背中もお尻もフカフカでなかなかの座り心地ですよ。

息子が「わぁー。フカフカーー」と言っていました。全体の写真はコチラ。

太ももから背中までカバーされてるのがいいですよね。

いつまでフカフカでいてくれるか気になりますが、2ヶ月経っても今のところはフカフカなままです。

カラー展開も沢山あるようなので自分の自転車のカラーに合ったクッションでカスタマイズ楽しみましょう♡

7/11 1:59までエントリーでポイント5倍!ラキア (LAKIA) チャイルドシート用クッション ブラウン

おわりに

リトルキディーズのHPにも紹介されていますし、購入者さんたちのレビューにも書いてありますが、全体的に透明で子供たちの視界が開放的なのもいい所ですね。

息子は乗物が大好きなので、道路を走っている時でもパトカーや救急車が走っていると

「あっ。ママーパトカーがいるよー」など周りの風景をよく見ていますので透明なのは高評価です。

そしてヘルメットをして乗っても高さがあるので頭がぶつからないのも私としてはいいなーと思っています。

冬限定ですが息子が自転車で移動中に寝ちゃった時、ブレーキをかけると頭だけ前に前傾するのが気になりますが、リトルキディーズのビニールハウス感?箱の中にいる感?がなんか安心感があります。笑笑

レインカバーを検討中の皆さん。リトルキディーズのレインカバー本当におすすめです。

皆さんの参考になれば幸甚です♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください