【体験談】自分の授乳する姿に違和感を覚えていた何とも言えない不快な感情は不快性射乳反射だったようだ。

毎日の日課YAHOO!ニュースを見ていたら、ふと目に留まった記事を見て思わず雷に打たれたような衝撃が走りました。

参考 あなただけじゃない!授乳が不快という感覚…D-MERとは?たまひよ

不快とはまた違うんです。なんていうか母乳をあげる自分にしっくりこないというか…。でもそんなこと相談するのも変ですし「息子が産まれて環境が目まぐるしく変わり情緒不安定なんだ私」と心の中で解決していた母乳をあげる事への違和感。

母親なのにこんな違和感を覚えるのって人と違うとか愛情の欠如?母親になりきれてない?など少なからず悩んだ時期があったのを思い出しました。

息子も3歳7ヶ月になり、その時の感情はすっかり忘れていましたが、この記事を読んで私もそうだった!!と初めて不快性射乳反射という事を知りました。

私だけじゃなかったんだ…。

勘違いして頂きたくないのは母乳をあげること自体はとても素晴らしい事だと思っています。

それに完母でも完ミでも混合でも私はその人が選べばいい派。実際に私は混合から始まり母乳が出なくなってしまったので2か月目辺りからミルクで育てました。

なかなか相談しづらい、理解してもらえない、そして批判されやすい事でもありますので、あくまで私自身の体験談として読んでいただければなと思います。

初乳から違和感

潜在的感情からなのか?母乳を与えている人を見ると同じ女性のはずなのに私が目のやり場にとても困り、なんというかこっちが恥ずかしくて目をそらしてしまったりしていました。

そんな私も妊娠して母親になり子供が産まれれば自然と母乳をあげるんだろうなと頭では思っていましたが実際に息子が産まれてもそれは変わらず初乳ですぐに違和感を感じました。

息子が産まれ助産師さんが「初乳は赤ちゃんに免疫がつくから吸わせるね。」と私の胸に息子を近づけ息子もパクっとくわえました。きっとこの瞬間が母親としての幸福感を感じる瞬間なんだと思いますが私は「なんか変な気持ち」になり授乳による幸福感は得られなかったです。

それから息子は感染症や黄疸が出て4日間保育器に入る事になりました。

【体験談】生まれてすぐに保育器へ新生児感染症と一過性多呼吸と黄疸を併発。涙涙の辛かった4日間を書いてみる。

胸が張ることもなく母乳が出る気配もなく「このまま私は母乳出ないのかな?」と思っていたのですが息子が保育器から無事に出る事ができ母乳を飲ませる練習が始まった日。私の乳頭が丸くて?尖ってなくて息子も母乳に慣れていないし上手く吸えなかったので看護師さんが乳頭保護器というのを貸し出してくれました。

これを付けるとなんとか3回に1回くらいは成功したりして…その日の夜です。昨日までまったく母乳が出る気配すらなかったのに胸が張って張ってジリジリ焼けるような痛さでビックリして看護師さんに言いに行ったくらい。

息子に吸われた事によって乳腺が活発になり痛みがあるみたいで、あまりの痛さでその晩は寝れませんでした。人間の身体って本当に凄いんですね。

女性の身体のメカニズムって本当に凄いんだなと実感しました。母乳が作られ母乳が出る事への違和感はなく授乳する姿、感触?表現しづらいのですが、やはり出産前から不安に思っていた授乳する事への違和感が確信に変わった日でした。

客観的に捉えてしまう

次の日あまりにも胸が張って痛いので看護師さんが圧抜き?胸のマッサージをしてくれたんですが、その光景を客観的に捉えてしまい「なんで胸を他人にさらしてマッサージされているんだろう…」虚しい気持ちになりました。

看護師さんが少しでも楽にしてあげようという気持ちは理解しているのですが激痛と何やってるんだろう私…みたいな気持ちになり苦痛でした。

そんな気持ちになりながらも入院中は息子の向きを変えてみたり縦にして飲ませてみたり試行錯誤して母乳を飲む練習をしましたが、やはり上手くいかず。退院してからも1週間くらいは吸わせるように頑張りましたが心が折れました。

心のどこかに「搾乳すればいいや」と思う気持ちがあったので余計に授乳断念への切り替えは早かったと思います。

実の母親に授乳している姿を見せるのも内心は嫌でしたし主人に見られるなんてもっての外。部屋で息子と2人で母乳を吸わせるのを頑張っている自分に対しても客観的に捉えてしまい「なにやってんだか…」とあまりいい感情が持てませんでした。

搾乳器に変更

幸いな事に実の母親も「別に無理してまで授乳する必要はないんじゃない?」と言ってくれていたので授乳を断念してすぐに搾乳器を買ってきてくれました。

お腹が空く頃や胸が張って痛い時など搾乳していましたが、これまた搾乳している自分の姿もあまり良いようには捉えられず。

…しかし母乳も飲ませたいと思っていたので我慢して毎回あげていましたが徐々に母乳の出る量が減っていき2ヶ月後にはほとんど出なくなってしまいました。


そこからは完全ミルクになりましたが精神的にはすごく楽に。そして一度だけ添乳にもチャレンジしてみましたが上手く行かなかったし私もあんまり良い気がしなかったので1度きりで断念し、おしゃぶりにしました。

おしゃぶりは上手に吸う事が出来たのでやはり私の胸の形状のせい?だったかもしれません。



愛情の欠如ではない

単に自分が変わっているのかと思っていましたが私の性格上「自分は自分」だという性格なので気持ちの切り替えは割と早く出来たかな…それに息子はめちゃくちゃ可愛くて愛おしくて、この世の生物とは思えない程可愛かったです(笑)←親バカと呼んで下さい。

無理して授乳してストレスを溜めるより文明の利器に頼るのも全然おかしくないと思いますし、それにポジティブに考えたらミルクだと色んな人に抱っこされミルクを飲ませてもらい沢山の人から愛情を感じる事が出来るなと思いました。

写真は載せきれないのですが、もっともっと沢山の人に飲ませてもらってきました。そのお陰か?定かではないですが人見知りもしない誰に抱っこされてもニコニコ、愛想を振りまく可愛い赤ちゃんでした♪

哺乳瓶に手を添えてゴクゴク一生懸命ミルクを飲み生きようとする姿は本当に愛おしかったです。飲み方も成長するようで少し大きくなると片手で哺乳瓶を持ち自分で飲んだり(笑)飲んでいるミルクがなくなると、ハイって渡してきたり成長も愛おしかったです。

愛情の欠如ではないという事は胸を張って言えます。

おわりに

なかなか人には言いずらいナイーブな問題でもありますし産前産後のママはめっちゃ情緒不安定で敏感で睡眠不足。実際に産後鬱でそうなってしまう方もいるかもしれません。しかし私の場合は産後鬱とかブルーとかとは明らかに違っていました。

妊娠する前からそういう感情が少なからずあったからです。「不快性射乳反射」という言葉自体は今回、初めて知りましたが確かに私みたいな人間は存在しています。自分でも何故なのか本当に分からないですし冒頭の記事でも原因はまだ分かっていないそうですね。

しかし長い子育ての中で母乳か?ミルクか?とか言っている時期なんてほんの数カ月。生後5ヶ月目からは離乳食も開始しましたし、それに大きくなってから「俺って母乳育ちなんだよねー!!」とか「俺は完ミだったわー!」なんて会話しませんよね(笑)

ほほミルクで育ちましたが今でも元気いっぱいの健康な男の子ですよ♪現在そんな風に悩んでいるママがいたとしたら「私もそうでしたよ。大丈夫!!息子は愛情いっぱい受け生意気で優しい子に育っていますよ」それに免疫・母乳は免疫と言われますがミルクでも保育園に預けるまでは風邪ひとつ引かなかったですし。

だから大丈夫です!!母子共にストレスなく子育て出来る方が何倍もいいと思います♪同じように悩むママ参考になれば幸甚です。

息子が可愛すぎるー。この愛しさ増し増し現象は一体いつまで続くんだ!?親ばか最高!!

息子が可愛すぎてこんな記事も書いています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください