【知らなきゃ損】1着1,710円?モンクレールダウンのクリーニング料金を安く抑えるおすすめの方法は「宅配クリーニングリナビス」がコスパ最強|口コミを徹底解説。

nachii

モンクレールダウンクリーニング出したらバカ高くない?

ダウン1着洗うだけで5,000円前後よ…

高すぎない?普通に高いんですけど。

「モンクレールは高級ダウン類になるので別途お金かかります」が主流になってきた今日この頃。

クリーニング屋さんに持っていったら「アウター6点で合計26,000円」…さすがに高すぎやろ。

どうにか安く済ませる方法がないか探した結果。宅配クリーニングリナビスのコスパ最強説が浮上。

近所のクリーニング店では「モンクレールダウン1着で5,500円」が、リナビスでは、ブランドに関係なく1着1,710円(税込)でクリーニングできるとな。

奥さん。これは事件です。
利用しない理由がありません。

とはいえ…かしこいアナタは思うはず。

「安かろう悪かろうなんじゃないの?」

そこでですよ。皆さん。
実際に私のモンクレールダウンを犠牲にして検証してみることにしました。

結論から先に言います。

丁寧な仕上がりもさることながら「1着あたりの安さ」大満足でした。

  • 湿っぽさはなくなりフカフカ
  • カビも綺麗に除去されていた
  • ロゴの毛玉も取れて白さを取り戻した
  • 臭いも取れていた
  • 同じ品質なら安いほうが絶対にいい。

    できるだけクリーニング代を安く済ませたいと思っている皆さんに利用してほしい。

    モンクレールダウンのビフォーアフターと共に、ネットにはデメリットもあるようなので検証してみたいと思います。

    デメリット

    Twitterで目にとまったモンクレールにおけるリナビスの事例をひとつ。

    コミックラベルが破れて返ってきた

    ふと思い出した。
    受付のスタッフさんに言われた一言。

    スタッフ

    モンクレールねぇ。
    ここのタグが破れやすいのよ。
    そういうこともあるんだけど
    クリーニングどうする?

    このトラブルはリナビスに限らず、ほかの業者でも起こりうる事例のようです。

    コミックラベルはクリーニングするなら剥がれるものだと思っておきましょう。

    これってモンクレール側の問題である気がしないでもないですが…

    MEMO
    「どうしても心配だ」という人には、リナビスよりは割高になりますが、保証つきの宅配クリーニング「リネット」もあるので利用してみてください。

    私は「特に気にしない派」なので普通に気にせずクリーニング出してました。

    ちなみに希望(クレーム含む)があればリナビスでも縫い直してくれそう。

    あえて見てみたらコミックラベルの下もう剥がれてたww

    着てしまえば裏面見えないわけで…
    コミックラベルってそんなに重要だという認識がなかったりします。

    パック料金しかない

  • 衣類3点コース  6,840円
  • 衣類5点コース  8,550円
  • 衣類10点コース 11,700円
  • 衣類20点コース 19,800円
  • 強いていうなら「パック料金しかない」っていうことですね。

    服が増えれば増えるほど1着あたりのクリーニング代が安くなり、アウター類が多いファミリーにはありがたい。

    が、しかし「モンクレールダウン1着だけクリーニングしたい」という方にはデメリットになるかもです。

    様々な高級ブランド品にも対応可

    画像引用:リナビス公式HP

    モンクレールに限らず
    大体の高級ブランドがクリーニング可能です。

    豊富な実績

    リナビスの公式ブログを読んでみたら、この時期になると毎日たくさんのモンクレールダウンがリナビスの工場に送られてくるそうです。

    近所にモンクレールのクリーニングを引き受けてもらえる店舗がなかったり、料金を安くおさえたいという気持ちは皆さん同じなんですね。

    それだけの数をこなしているのであれば安心して任せられると思います。

    モンクレールダウン仕上がり

    一番、気になるであろう仕上がりを。

    ビフォーアフター

    オフシーズンにクローゼットで眠らせていたため
    肩の部分にカビがはえて悲惨なことになっていました。

    写真でみると茶色くなっているところです。

    たまたま「カビ抜き無料」という、なんともありがたいキャンペーン実施中で。

    無料でカビ抜きしてもらったおかげで、すっきりキレイになりロゴも白くなって返ってきました。

    本気で感動。これはマジでありがたかった。

    カビ抜きとは
    カビの根本から除菌してカビを根こそぎ死滅させる特殊な加工

    湿気臭さやカビの臭いも完璧に取れて、気持ち良く冬をスタートすることができました。

    リナビスがコスパ最強

    実際に近所のクリーニング屋さんに行き、
    「モンクレールダウン ロング料金」を聞いてきたので比較していきましょう。

    店舗料金と比較【nachii調べ】

    店名 料金(税別)
    らきゅーと 5,500円
    ピュア 5,900円
    ポプラ 4,307円
    ポニー 4,860円

    【2020年10月nachii調べ】

    結果は、モンクレールダウンのロングだと1着5,000円前後の価格でした。

    今回、私が利用したのが衣装5点コース8,550円(税抜) モンクレールなどの高級ダウンOKの5点コース。

    それを踏まえて比較すると…

    リナビス 店舗
    5点 8,550円(税抜) 25,000円(税抜)
    1点あたり 1,710円(税抜) 平均5,000円(税抜)

    リナビスだと1着1,710円で出せるので、その差は一目瞭然。

    近所のクリーニング屋さんで、まずこの価格では難しいはず。

    モンクレールダウンを格安でクリーニングするなら宅配クリーニングリナビスがコスパ最強説」これは今のところ間違いないと断言。

    おわりに

    「ワンシーズンしか着てないし?2年に1回くらいクリーニングして、ファブリーズでもしてればいいや」と思っているアナタ。

    皮脂汚れ、カビ、湿気は避けられません。

    せっかくカッコいいダウンを着ていてもカビ臭かったり、皮脂汚れは臭うので残念な感じに。

    なので毎シーズン、クリーニングに出して長く着れるようにお手入れしていきましょう。

    それには安くクリーニングできる【リナビス】激しくおすすめです。

    店舗を持たず配送はアウトソーシング。
    おかげで品質確保とコスパ重視。

    これからの時代にマッチしたサービスだと思います。一度試してみる価値あり。

    キレイにクリーニングされ、フカフカになったダウンで気持ち良く冬を迎えましょう。

    >>実際の発送から到着までの手順を解説。